◆土木遺産に関わる年表(明治元年〜昭和39年)
年 代 土 木 遺 産 * 土 木 部 関 連 法 制 度 関 連 災 害 関 連 主 な 出 来 事 年 代
明治 4       第一次群馬県成立           廃藩置県 明治 4
  6       租税課土木係設立、熊谷県成立               6
        第二次群馬県成立              
  13       土木課独立               13
  14   八幡川砂防堰堤群   県庁前橋に決定               14
  15               草津白根山噴火       15
  17                   高崎線開通   17
  18   清水越新道の石垣   前橋土木組合創立               18
  22                   両毛線開通(利根川鉄橋 竣工)   22
  23                   前橋渋川間馬車鉄道開通   23
  26                   信越線開通(アプト式完成)   26
  29           旧河川法制定       明治27・28年日清戦争   29
  30   岩神の石堤       旧砂防法制定           30
  32       旧利根橋竣工(三代目)               32
  33           利根川改修計画樹立           33
  34   吾嬬橋(旧坂東橋)   土木管区設定、旧坂東橋竣工(初代)               34
  40       内務部土木課           明治37・38日露戦争   40
  42       土木建築請負同業組合創設               42
  43   大  橋           大水害   一府十四県連合共進会   43
大正 8           旧道路法・旧都市計画法制定         大正 8
  9   栗生隧道                   9
  12               関東大震災       12
  13   戸鹿野橋               榛名県立公園指定   13
  14   錦桜橋                   14
昭和 3       県庁舎新築、管区を土木出張所に改称             昭和 3
  4   大正橋・鷺石橋                   4
  5   柳瀬橋           水害・農村不況深刻化       5
  6   只川橋・東橋・坂東大橋・井戸沢天井川式水路橋               上越線開通   6
  8   比刀根橋・千歳新橋                   8
  9   高津戸橋               陸軍特別大演習   9
  10   御関所橋       利根川増補計画改訂   大水害   赤城山(大洞周辺)県立公園指定   10
  12                   日中戦村勃発   12
  13               神流川・鏑木川流域災害       13
  14                       14
  15   桑木砂防堰堤・土合砂防堰堤   利水局新設、吾妻川毒水調査委員会発足               15
  16   石淵橋               太平洋戦争勃発   16
  17   鑷沢砂防流路工                   17
  20       谷田川機械排水事業(24年まで)           前橋市ほか被災、太平洋戦争終戦   20
  21   谷田川背水堤   土木部4課、及び12土木出張所設置               21
  22               カスリン台風       22
  23   岩神鉄線蛇籠護岸・県庁裏小型ケーソン基礎護岸   群馬県建設業協会創立       アイオン台風       23
  24   岩神水制工・大沢砂防堰堤       建設業法制定   キテイ台風       24
  25   引分大関砂防堰堤       国土総合開発法制定       朝鮮動乱勃発   25
  26   前橋駅前けやき並木・塗川砂防堰堤・嬬恋砂防堰堤       利根川改修改訂計画改訂           26
  27   榛名白川流路付替                   27
  28   群馬大橋・善地大橋・板井レール式杭出し水制工               東武電車運転休止(高崎〜渋川、前橋〜渋川、伊香保〜渋川間)   28
  29   白狐沢泰寧寺砂防堰堤       第一次道路整備五箇年計画           29
  30   文化橋・前橋公園下レール式大聖牛           大雷雨(前橋地区)       30
  31           日本道路公団発足           31
  32   共栄橋・桃木川(複断面)   吾妻総合開発委員会発足               32
  33   中之条ダム   電気局発足、渋川・伊香保間有料道路               33
  34   坂東橋・滝川放水路   三国国道開発(国道17号)           相馬が原自衛隊発足   34
  35   鏑木川瓦式ブロック護岸               所得倍増計画   35
  36   吾妻川水質改善施設                   36
  37   二恵橋   企業局発足   水資源開発公団発足       自衛隊12師団司令部相馬が原に設置   37
  38       金精峠トンネル開通               38
  39       道路課が道路建設課と道路維持課に分離   現行河川法制定       東京オリンピック開催   39
*:道路橋梁は完成年で表記したが、施工期間が複数年にまたがる河川・砂防については、着工の年度で表記した。

もどる